公認会計士の資格を取るメリットには、次みたいな事が挙げられます。 ・男女平等である ・収入が多い ・社会的地位が高い ・税理士、行政書士になれる 公認会計士(試験を受けなくても、登録さえすれね、税理士や行政書士の業務を行い、名乗ることができます。また、司法書士や社会保険労務士の一部の業務も行うことができるでしょう)の資格は、女性の間でも人気が高い資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)となっています。 それは、公認会計士(試験を受けなくても、登録さえすれね、税理士や行政書士の業務を行い、名乗ることができます。また、司法書士や社会保険労務士の一部の業務も行うことができるでしょう)という仕事には男女の差が殆どないからです。 女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)でも、男性と同じように仕事を行う事が出来て、もちろん、出世のチャンス(ここぞという時に十分に活かすためには、常日頃の努力や準備が大切です)もあります。 つまり、男女平等の職場で働きたいと思っている女性にとって、かなりメリット(昔からある花王のシャンプーの名前でもありますね)のある資格だと言って良いでしょう。 また、他の職種と比較をしてみると、やっぱり難関の資格という事もあり、比較的収入が多くなる傾向にあります。 高収入を目指している方にとっては、ピッタリの資格でしょうね。 それに、難関の3大国家資格(有用性が高い分、取得するのが困難だといわれています)ともいわれている公認会計士ですので、この資格を取得する事で社会的地位が高くなるのも事実です。 さらに、公認会計士の資格を取得しておくと、試験を受けなくても登録制度によって税理士、行政書士(受験者は年々増加傾向にあり、試験問題も難しくなっているそうです)になる事もできるようになっています。 これも、大きな利点の一つですねー